冬はこれ!身体もあったまるホットスムージー

キューサイSaibi

あのキューサイからホットスムージー登場!

グリーンスムージーは冷たいですし野菜なのでどうしても身体が冷えてしまいます。特に冬はきついですよね。そんな声に応えるのがキューサイから登場した食べるスムージー「Saibi」。豊富な栄養素&ホットタイプなので身体もぽっかぽか。これで冬の1食置き換えダイエットもバッチリです。

⇒キューサイSaibiの公式ページはこちら

筋肉を鍛えてイリシンを出せば痩せやすい身体になる

「ダイエットには筋トレが有効」

 

最近はこの説が常識になってきました。もちろん有酸素運動も有効ですが、痩せる身体になるためには、あるだけでエネルギーを消費する筋肉を鍛えることが大切ですよね。

 

筋肉は鍛えると基礎代謝があがりますが、なぜ上がるのでしょうか?

 

ここで注目すべきは、「痩せホルモン」の存在です。筋肉を鍛える=収縮させることで、痩せるために必要なホルモンが分泌されます。

 

このホルモンを「イリシン」といいます。

 

エネルギーをためこむ白色脂肪細胞を、逆に燃やすベージュ脂肪細胞に変えるきっかけとなるのが、このイリシンです。

 

イリシンは2012年に発見された新しい物質です。筋肉を鍛えると何故代謝があがり痩せるのか、を解明するのに決定的な存在になっています。

イリシンをたくさん出すにはゆっくり筋トレ

先述の通り、イリシンは筋肉を収縮させることで分泌されます。

 

つまり、筋トレを行うことがもっとも有効な方法です。

 

全身をしっかり鍛えるようなトレーニングを行うと、運動後のイリシンの濃度は1.5倍にもなるそうです。

 

筋トレのコツとしては、すべての動作をゆっくり行うことです。

 

負荷をかけている時間を長くすることで、筋肉はより負担がかかっていると勘違いし、イリシンがたくさん出ます。

 

たとえば膝を曲げのばすスクワットでも、すばやくやってしまえば1秒くらいで終わってしまいますが、これを曲げてから伸ばすまで8秒くらいかけるイメージです。

 

自重がしっかり筋肉にのしかかって負荷を感じながらじっくり動作することがポイントです。

 

もちろん、負荷をかけすぎて身体を傷めないよう注意しましょう。